妊婦の朝活ルーティン。早起きのメリット

突然ですが、早起き・朝活始めました!

といってもまだたったの数日なのですが、お花を飾るような気持ちの変化が現れています。

そもそもなぜ臨月妊婦が朝活を始めたのかというと

息子(イヤイヤ期怪獣)のパワーと妊婦の体調が相まって、午後にはグッタリ…

せっかく息子がお昼寝してくれても、家事や自分時間に使う気力体力が残っておらず、一緒に寝てしまったりボケーッと何もせずに時間が過ぎてしまったり。

家事も自分のしたいことも何もできないことで自己肯定感さがりまくり!こんな毎日から抜け出したい!

と思ったからです。

たった数日ですが、少し気合を入れて少し早起きするだけで気持ちが上向きになってきたような気がしています。

もともとの朝の過ごし方

元来グータラな性分ですが、妊娠してつわりに苦しんでから更にグータラに。

主人に朝ごはん〜洗い物までを丸投げし、7:30頃ノソノソと起き上がりぼーっとするという過ごし方でした。

つわりとはいえ、こんな風に過ごさせてくれた主人には感謝ですね。

ルーティンにしたこと

5時~5時半に起きる

とりあえずこの時間に目覚ましをセット。

シートマスクで保湿&気合を注入!

目覚ましが鳴ったらとりあえず横になったままシートマスクを顔にのせます。

↑ちなみに使っているのはコチラ。

箱型の入れ物なので枕元に置いておくのに丁度いいです。

個包装ではないのでアクション少なく、寝ぼけながらも装着しやすいのも◎

10分くらい寝室でゴロゴロしつつ、これからの動きをシュミレーション。

この時すごく眠いのですが、シートマスクを貼っていることで変に寝返りも打てないし(=二度寝しにくい)

「朝からスキンケアしているなんて素敵な奥様みたい!」と無理やり気合を入れて布団から出ます。

トイレの小掃除

・便器をブラシでこする+便座等を拭く

・便器側面、床を拭く

このどちらかをします。

平日はほとんど私しか使わないのと屈む姿勢がキツイので、こんな軽い掃除で良しとしています。

洗面台の小掃除

メラミンスポンジで軽くこするだけ。

洗濯の準備(予洗いなど)

ワイシャツの襟袖、息子の食べこぼしシミに石鹸をなじませたり、お湯で手洗いしたり。

洗剤や柔軟剤を投入し、あとはスイッチを入れるだけの状態にしておきます。

ここで洗濯スタートさせてしまえば良いのですが、主人と息子が着ているパジャマを一緒に洗ってしまいたいため、この状態でストップさせています。

料理(音が静かなもの)

我が家は狭いマンション暮らしです。

キッチンと薄い襖一枚隔てた部屋に主人と息子が寝ているので、あまり本格的に料理をすると二人を起こしてしまうかなと思って、

野菜を茹でたり、煮たり、肉類の下ごしらえをしたり、あまり音が出ないような簡単な調理をしています。

早起きをしてよかったこと

自己肯定感がほんの少し上がったと思います!

「こんなこと主婦として当たり前!」と思われる方が多いと思いますが、

お恥ずかしい話、わたしは「こんなこと」が毎日確実にこなせているだけで達成感を感じています。

あとは息子が目を覚ました時に、ちゃんと「ママ」の状態でいられることが大きいなと。

寝ぼけながら私に向かってくる息子を、笑顔で「おはよう」と抱っこしたらとっっても嬉しそうにしていたんです。

その様子を見られただけで朝から幸せな気分になることができます♡

今後やりたいこと

今後は家事以外の自分時間を作るのが理想です。

ブログを書いたり、自分の気持ちを整理する手帳時間を作ったり。

一人でほっとする時間が作れるといいなと思っているのですが、

次男が生まれたらそうも言っていられないだろうな…

まとめ

何一つ大したことはしていませんが、確実に気持ちにプラスの作用を与えていると思います。

とはいえ出産が近づいてきているので「朝活~♪」なんて言っていられるのもわずかでしょう。

でも自分にとっての小さな成功体験を積み上げて、理想に近づいていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です